OSProvider.dll エラーを修正するには?

OSProvider.dll エラーが簡単に OSProvider.dll ファイル修復ツール DLL Suite によって修正することができます:
1. ダウンロード, インストール, および DLL Suite を実行します
2. OSProvider.dll エラーをチェックするためにスキャンを開始]をクリックします
3. OSProvider.dll の問題を修復するためにすべての修正をクリックします


無料で OSProvider.dll ファイルをダウンロードするには?

DLL Suite は, そのユーザは, 次の手順を実行して無料で OSProvider.dll をダウンロードすることができます.

1. ダウンロード, インストール, および DLL Suite を実行します
2. OSProvider.dll ファイルをチェックするスキャン開始]をクリックします
3. 開いているWebページから無料でダウンロード OSProvider.dll


ファイル OSProvider.dll とは何ですか?

OSProvider.dll は Windows 7 Professional Edition 64-bit のように, Windowsシステム内のコンポーネント DISM OS Services Provider の責任であるDLLファイルです. それは 7/13/2009 4:18:42 PM 年に作成された, サイズが 102400 バイトであり, そのバージョンは 6.1.7600.16385 です.

OSProvider.dll は、影響を受けるマシン上にマルウェア Registry Gear をダウンロードしてインストールするソーシャルネットワーク Geni.com を介して拡散するウイルス Backdoor:Win32/Banito.L によって感染することができます.

一度感染すると, OSProvider.dll のファイル·パスは, 次のように再設定されます.
C:\WINDOWS\System32\Dism\

とPCゲーム Europa Universalis, Webブラウザ, Mozilla 1.9.1.17 やウイルス WEBROOT SecureAnywhere? Essentials 2012 のようなソフトウェアがエラーメッセージとともに, 起動することはできません.
OSProvider.dll が見つからないか、見つかりませんでした.

あなたはコンピュータを再起動すると、STOPエラーコードとともに, 死の OSProvider.dll ブルースクリーンを受け取ることになる.
0X1145085

Bobbi Krishnamurthy によって編集 と Venezuela


DLL Suite



OSProvider.dll 関連ファイル:

OSProvider.dll 関連ファイル


DLLファイルのライブラリ

W32UIImg.dll 関連ファイル